キャンペーン中!★DLsite新作! / DMM.R18

2013年11月06日

アニメの趙李を観られて本当に嬉しかったです

ターちゃん004
(四年前・趙李燃え)

先日無理かなと思いつつ探していた某ターちゃんの西派拳法編のアニメを
視聴することができて、ある意味思い残すことはなくなったかなと思ったりしました。
古いアニメの上、内容もちょっとはれんち風なので(それでも原作よりは表現が柔らかいですが)
ビデオが出ていたとはいえDVDにもなっておらず、時代が時代だったので
そのビデオを購入することもできなかった経緯があったので
観ることができただけで本当に何というか、有難い気持ちでいっぱいです。
アニメが放送されていた時分は観れたり観れなかったりしたような気がしたので尚のこと。
今のうちに脳内に焼き付けておこうと思いつつ…。

そんなこんなで今更燃えだしたらしい趙李話を少し(?)だけ。

アニメだとトーナメント時の趙(しょう)の年齢が(当時も原作では)不詳なのですが、
もしかすると李功よりも年上か同年齢のような設定にされていたのかな、と思ったり。
彼らにとっての十年前は、原作だと趙がに歳になってしまうので(李功はよん歳)
どう考えてもアニメで言っていたような『(趙が)前の大会で五人抜き』は不可能なので
ほほお…、と思ったりしながら観てしまいました。
アニメでの趙の頭身も原作よりあるので、
アニメ版の趙はちょっと小柄なキャラとしてだけ描かれていたのかなと思います。
李功に関しては、西派拳法編の最後でじゅうよんさいらしき事実が語られるのですが
(よんさいのころから云々の下り)
趙はその当時原作でも年齢が語られていなかったのでそのままスルーになっていたと思います。

そして趙李的な熱の再燃は何といってもその四年後の原作のアレなのですが、
とにかく二人の年齢がはっきりと明記されたところにくらくらきたというか。
それに輪をかけて、完全に身長差だけでなく体格差がはっきりと逆転しまくってしまったのが
「あ〜………………」という気持ちでした。
李功があれからあまり身長が伸びなかったのかなというところも何かを擽られるというか
腰細くなったね、とか…色々…げふん。

アニメでは若干純粋キャラ気味に描かれていますが、
原作の李功は当時の黒龍の中で苦労したんだろうな感がちょっと出ているような
中々他人に対して素直になれないツンツンキャラで、最後の仲直りのシーンでやっと
「いじめるなよ」と拗ねながら口にしていた(そこがツンでかわいい)
その記憶があるだけに、何だあの、四年後のきらきら(気のせい)キャラは…!!!、という
ギャップがあったりしました。
だからこそ余計に、トーナメント後の四年の間、李功は大変な状況に置かれながらも
幸せだったんじゃないかなと思ったりしました。
趙も幼少時代のお堅いキャラから、李功の影響からか大分砕けた性格になったので、
体格的な意味とはまた別のかっこよさが増したというか。
原作をよく見てみると、趙の方が李功より鼻が大きくて高いという、隠れた骨太の美形に
成長したんだなあ感があるので、一番いい男になったのは趙なのかなと思います。
李功は捻くれキャラなのに結構兄ちゃん好きだよね、という
その他もろもろのどきどきポイントもありつつ。
(多分尊敬している年上にはものすごく素直(デレ?)になるんだろうと思いますが)

四年前・趙李は李功の方が背が高かったのに、四年後になったら
四年前の(李功の好きな)兄ちゃんと李功くらいの身長差になっていたので
何だかもう色々と言うことなしな気持ちです。
時代別に二つのバージョンの体格差を楽しめるのが、
個人的な趙李の一番の燃えポイントなのではないかと思います。

そんなこんなで、四年後はほんとに衝撃的でした、というよくわからない話ですが
何というかそんなことに悶々することのできる
描き甲斐のある二人ではないかと感じています。
タグ : 他ジャンル
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 09:13 | 壺っぽい話
Page Top / ブログのTOPへ

2013年11月04日

四年前バージョンがなぜか壺にはまってしまいました

ターちゃん003
(ブル炎以来のショ○まんがになりそうな)

体調がすぐれず少しぐったりしていたのですが(季節の変わり目なのできついです)
『MESHIBITO〜肉従のルーキー〜』
600超えお礼絵を描かねば!、と思いつつ。
四年前・趙李のあだると漫画のネームをがりがりと描いてしまったことは秘密です。
李功のしょうねんボディを弄っていたい衝動に久々に駆られたとかそうであるとか…。
ショ○ものはブル炎作品以来になるので、何というか新鮮な気持ちだったりするのも
がりがりと描いてしまった背景にあるのかと。

そんなこんなで焦りつつ、お礼絵完成までもうしばらくお待ちください…!
タグ : 他ジャンル
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 16:36 | 壺っぽい話
Page Top / ブログのTOPへ

2013年10月30日

やっぱり体格差は燃え、なのかな…?

ターちゃん002
(四年前と四年後で身長が逆転するCP)

懐かし属性の激しいターちゃんの趙李こと趙×李功に脳内メロメロ気味ですが
DLsite.com/Girl'sManiaxにて販売中の
『MESHIBITO〜肉従のルーキー〜』
DL数600超えお礼絵を計画中です。

一緒に趙李のカラー絵も描いてしまおうかとよくわからない妄想を膨らませつつ。
四年前・趙李と四年後・趙李のどちらを描くかで体格差悶々が
さらに加速するのですが、描きやすいのは四年後なのかなと思います。
おおきいの、うけいれて、がんばってください(李功が)、と思う
四年後・趙李でした。
…これが四年前・趙李だと、
ちいさくないの、うけいれて、がんばってください(李功が)、というのは余談ですが。
四年後・趙李は大きさ的には峨円ほどではないのですが(趙が割と縦にも長いので)
李功があまり大きくないっぽいので大変だな(げふ)と思うこともしばしばです。

わけのわからないネタですみません。
白エーのお礼用カラー絵が完成し次第、ブログ等にてお知らせいたします…!
タグ : 他ジャンル
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 18:20 | 壺っぽい話
Page Top / ブログのTOPへ

2013年10月12日

文庫のコミックを読みだすと止まらなくなる不思議

ターちゃん001
(何度読んでもやっぱり好きです)

気づけば本当に古い作品なのですが
某ジャングルの王者○ーちゃんの文庫コミックを
一巻から読みなおしてしまいました。
(この場合、『新〜』と新がつかないものになります)

読んでいるうちに
あっという間に時間がなくなったのはとほほでしたが(すみません)
不思議と古さを感じさせない(初期は絵柄的なものもちろんあるのですが)
漫画だなあと感慨深げになってしまいました。
自分が好きだから、というだけかもしれないのですが
ギャグマンガなのに流行りもののネタが少ないからかもしれませんが
今読んでも充分に面白いというのは何だか凄いなあと
改めて思わされたりしました。
そして、当時読んでいて気になっていたキャラが
やっぱり今でも同じ部分が気になりまくったという感じに
年を経てもなお(むしろ一層)悶々とさせていただいたりしました。
数年に一度は読み返して、同じ部分で悶々しているような気がしますが
(実際にいつぞやも同じようなことを思った気がします)
そんな感じに気力が充実したここ数日間でした。

新作の作成作業も頑張ります…!
タグ : 他ジャンル
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 19:33 | 壺っぽい話
Page Top / ブログのTOPへ

2008年05月05日

あぶいレイカイ

レイカイ

あぶ(ナ)いレイカイ、だそうです(笑)。

白虎化したら2メートル以上はないな、と描いてから思いました(笑)。せめて2メートル。いや、2メートル以上か…。
収録する場所がなかったので、某所からさるべーじしました。
最中に興奮して虎化…!しかも下半身から…!という、色々と…すみません…なよくわからないらくがきでした。
下になっているカイはひえええというか、うひょええええの気持ちだったと思います。

レイは天然の大虎で、素の(普段の)カイはツンデレのさらに上を行く『帝王』クラスだったので、二人のアチチは物凄く…物凄かったのだと思います。今は昔過ぎるジャンルですが。無印が大好きでした。
タグ : 他ジャンル
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 20:21 | 壺っぽい話
Page Top / ブログのTOPへ

2006年09月08日

懐かし属性

ザックス

ff7のザックスです。
久しぶりにペンタブで描いてみました(ロマンチシズム(DL版)作成以来)。

数年前に手がけた作品なので、感慨もひとしお。ある意味、自分の絵で自由に描けたジャンルでもあるので(それは現在も変わりませんが)、今でもそのキャラの雰囲気というものを、手や目が忘れていないようです。
同じくエアリスやティファ、そしてセフィロスは資料がなくても描けたりします。頭の中にイメージが残っているので、すいすいと描ける不思議な馴染みたちです。

実はDL作品『ロマンチシズム』ともう一つ、『逸脱者』という、発行されずじまいだったシリアス話の題名を取った、ザクセフィ本の原稿の寄せ集めをDL版で復活させようかという案があったりしたのですが、刻々と自分の自由な時間が狭められていく今、完成は無理かな、という感じで、すでに作業は休眠状態でPCにファイルの残骸が眠っているのが現状です。
多分、これからも日の目を見ることなく終わりそうな気がしますが(こればかりは何とも)…。

ff7で活動していたザクセフィのジャンルは、実はヘタレ攻めの年下攻めでした(笑)。
ザックスはセフィロスの前ではとことん駄目で(笑)、けれど傍から見れば2.5枚目になるよう『自演している』、みたいなキャラでした。弱さを曝け出しても我侭をぶつけまくっても良いと思った相手がセフィロス(迷惑です(笑))だったというのが、自分の中の彼らでした。自分の描くセフィロスがとことん苦労人なのは、すべてザックスのお蔭のようなものです(笑)。

そんなこんなで、懐かし話を振られたのでこんなところで語ってみました。
ツッコめばまだまだ出てきますが、このくらいで。
タグ : 他ジャンル
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 22:08 | 壺っぽい話
Page Top / ブログのTOPへ