キャンペーン中!★DLsite / FANZA同人 / Ci-en更新中♪

2020年04月16日

ライアイ話

何のことかと言って、「ライアイ」とは詰まるところ『ライ×アイク』の略ですな…!
所謂カップリング名なわけですが…。

思うところあって先日、別サイト(HP)にて公開していた
ライアイの文字ものをPixivでも公開させていただきました。

異種姦、BL、異種によるH(えっち)ありなので、苦手な方はスルーしてください…!
攻めの方が獣です(笑)

★ライアイ『蒼炎』健全
https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=12716188

★ライアイ『蒼炎』R18含む
https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=12716245

★ライアイ『暁、暁以降』健全
https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=12716292


ライアイを語る前に元ネタである『ファ●アーエ●ブレム』について語らなければいけないのですが
シリーズが多過ぎる&長過ぎるので調べないとわからないので割愛します(笑)
自分自身、ライアイ以外目当てのものがないので
蒼炎も暁もライアイのためだけにクリアしたようなものです(苦笑)。
アクション好きらしいので、ロープレというかシュミレーションは苦手だという理由もありますが…

元ネタをご存知の方は「なつかし〜」となるわけですが
知らない人にこそ知ってほしいのが『ライアイ』ですね。
今思うと、【異種姦】だし【体格差CP】だし、将来的にアイクの方が先に逝っちゃいそうだし…という
物凄い要素を秘めた【異種族カップリング】だったりしました。
年の差も、種族の差があるので
年の差どころの話ではないというか…。
それに関してはアイク受け全般がそうなのかもですが(主にラグズ(種族)×アイクだと(笑))。

まあ、アイクが魅力的なのは仕方ない(英雄だもの)と思いつつ。


Pixivでの公開にあたって
別サイトのライアイ文を一応読み直しておかしなところはないかチェックしたのですが
ところどころわからない部分もあるかもしれません。
その点はプロではないので見逃して頂ければ…、と思います。
一応、変な言葉はちょっとだけ直したつもりです。
違和感は感じるものじゃないのだよね(本当は)、と思いながら一箇所だけ直しました(笑)

ライアイは恐らく、アイクの方が先立ちそうなので悲恋になりそうな気もしますが
なんかもう、ライはそれでも好きなもんはしゃーないと思っている部分もあるような気がします。
一応暁以降は新密度でEDのあの部分が分岐するとはいえ
旨く行けば(ライアイが)二人で旅立っちゃったはずなので
駆け落ち(笑)後はどうしたのかな〜と考えるとしんみりするとかです。
何となく、ガリアを離れてからのライは獣(でっかいにゃー)の姿でアイクに常に寄り添っていそうですが。

あれだよ、アイクが立ち止まるとすぐにその側でねこ座りして、
長い尻尾の先をアイクの体に巻き付けて
スキンシップを図りつつ周囲をけん制しているんだよ!
「アイクに触れるの俺以外厳禁」みたいな物言わぬ主張が壺だよ!!(あほ妄想)

でも、獣型ばかりだと頭の中も獣に寄っちゃうから二人きりの時は人型に戻ったりして
バランスをとっていそうでした。
夜はどちらの姿でもアイクに受けて止めてもらいましょう(爆笑)
アイクは汗かいた時はちょっと暑いなーと思いながら
もさ毛(短毛ねこ種)が気持ち良かったりして
全身をざらざらした大きなねこの舌で舐めまくられていそうでした。
た、大変だ…!!!(何の想像)
獣型になるとアイクより大きそうなので(ねこも両手を万歳すると非常におおきいのです)
乗っける時は大変だな…



ライの獣ちんたまふさふさしてゆさぶられるたびにもふもふあたってそうげふーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!(しっかり!!!!)


夢は広がりますな…(脳細胞、しっかり!!!!!!!!!!!!!)

そんなこんなで、悲恋なのに何か夜はアツアツな二人を想像してしまう事実は秘密です(笑)

アイクは朴訥でもちゃんとわかってくれているので
気持ち良くなってくれると思うな!!!
何を言っているんだ、こんな時間から!!!!!(笑)

ということで、何と言うか、元ネタを知らない方にも
もちろん元ネタとカップリングがお好きな方にも
触れてニマニマしていただけたらな、と思います。

稚拙な文章なので、伝わるものがあるかどうかは謎ですが……。
二人は本当に切ないんだ…、と思い返しては改めて感じた次第です。
だからこそ、二人で過ごした時間が輝かしかったことを願って……!!




がんばって、アイク…!!(夜の話)


唐突に、完…!!
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 15:16 | 創作人のかたり
Page Top / ブログのTOPへ