キャンペーン中!★DLsite / FANZA同人 / Ci-en更新中♪

2014年08月14日

【はりこのとら作品紹介】シリーズ〜白エー〜

本来であればトリココ・シリーズを特集すべきなのですが
今のところ1作しかないということで、
こちらの白エーのシリーズを特集してしまいます。


サークル・はりこのとら作品シリーズ/白ひげ×エース
(略して、白エーまたは白エ(読み方はそのまま、『しろえー、しろえ』になります))



icon_desktop.png 【PC版DLsite.com/Girl'sManiaxの白エー作品の一覧はこちら】
icon_mobile.png 【スマートフォン版DLsite.com/Girl'sManiaxの白エー作品の一覧はこちら】
Thank you for buying my works at DLsite.com!
icon_desktop.png Link to Circle profile "HARIKONOTORA" for PC
icon_mobile.png Link to Circle profile "HARIKONOTORA" for Smartphone


R18
【はりこのとら作品紹介】シリーズ〜白エー〜

白エーシリーズは、
ある種のマニアック(!)がたくさん詰まった作品群になります。

…といっても、大したマニアックさはないのですが…。

カップリングは、白ひげ×エース
某海の王者のニューゲート氏と、
彼と親の代から因縁のあった
伝説になっちゃった永遠の兄・エースさんのカップリング作品


攻めと受けの身長差は、3倍くらい?(おおお…)
年齢差は、ズバリ52歳です!(きっぱり!!)
なんだかマニアック、…と言える部分はそれくらいかと…!

器の大き過ぎる『永遠の年上攻め』こと、(尊敬を込めて)オヤジ攻め
      ×
外面3枚目だけど内面が2枚目過ぎる『永遠の兄貴』受け


相手からどれだけガンガンに責められても、
認めた奴以外には心の底からは屈服しない(だろう)
漢受けのシリーズ…!!



作成期間を含めると、2011年から2013年にかけての
サークル・はりこのとらのシリーズ作品になります。

特に漫画作品はページ数が軒並み多かったために
1年に1作を仕上げるのが精一杯だったという
ボリューミーなシリーズだと言うこともできると思います。

コミック作品は3作ありますが、
連作ではなくてすべて独立した読み切り形式であるという点も
これまでなかった形かもしれません。
それぞれにテーマがあったので、その解説など…!


★コミック1作目『BYAKKA〜白火〜』


テーマは、『和姦』
受けであるエースさんの言葉で言うところの、
『俺をあんたの稚児にしてくれねえか…?』
的な、原作ベースの、歩み寄る二人の合体H
どちらも結局好き合っているのが伝わってくれれば…、と思いながら作成しました。
エースさんは、尻穴処女で…!

★コミック2作目『MESHIBITO〜肉従のルーキー〜』


テーマは、『無理矢理』
受けであるエースさんの言葉で言うところの、
『てめえの稚児だと? ふざけたこと言ってんじゃねえ…!!!』
的なイメージですが、オヤジの側はそんなことはお構いなしの『肉欲姦』
ガンガンとエースさんをほにゃららして、どくどくさせてしまう(何を?)
肉体屈服のお話
エースさんはじゅうだいなので、勿論処女でした(!)。
こちらは、『オヤジに敗北した後のエースさん』のルーキー時代のお話なので
割と原作寄りになっています。

★コミック3作目『SHUIN〜主淫〜』


『和姦』、『無理矢理』、と続いたので
テーマは、『淫乱』(どうして??)
受けであるエースさんの言葉で言うところの、
『ヤるなら本気でヤれよ……!(あんたの稚児にしてくれよ…!)』
かもしれない感じに、どうしようもなくオヤジに惹かれた上での合体H
エースさんは身売りされまくったらしいので、処女はオヤジに捧げられませんでした。
その代わり、これからはあんた専用になるぜ…!
…という意気込みが伝わってくるかもしれません(!)。
パラレル風味の、
『もしも(エースさんが)オヤジの元に売られたら』
が軸になっています。


白エーの裏漫画シリーズ

…裏漫画、というのは、18禁漫画という意味です
昔は自身のHPで裏的(R18)な内容として掲載していました

…というのは、3作それぞれ
色んな角度から白エーを堪能しよう!、と思ったのが
作成に際しての大きな要因だったと思います。

体格差は元より、年齢差が大きいことと
エースさんの出自にまつわる、エースさんの実父とオヤジ(白ひげ)との関係というか
因縁のことを考えると、やはり悶々せざるを得なかったというか。

実際に、現代版のパラレルで
血は繋がっていないけれど育ててくれたオヤジと
学生のエースさんががっちんこ(好きだからオヤジに色々と捧げちゃう(笑))
するという妄想もあったりしましたが、
それは妄想の中だけに留めておいたりしました。

とにかく自分の中では、シチュエーション的にはこれ以上はないだろうという
究極のカップリングだったりしました。

勿論常識では考えられないシチュエーションなのですが、
そこを想像して(想像とシーンで補って)
作品として作り上げるのがとても楽しかったシリーズです。
様々な困難は表現で超えられる…、とか思ったり、思わなかったり。
…今でも燃え燃えするシチュエーションです。


語りきれないものがわんさか湧いてくるカップリングなのですが、
そんな創作意欲その他が、作中から少しでも伝わりましたら幸いです!
本当に、まだ語りきれないや…!(困った)


白ひげ×エースのシリーズを応援してくださった方に、
この場をお借りしまして、改めてお礼を申し上げます!
本当にありがとうございます!!


[『白エ』タグで記事を検索する]
→ブログ内の関連記事を探す
posted by 水堂とらく@はりこのとら紙老虎 at 08:46 | 【はりこのとら】サークル作品紹介
Page Top / ブログのTOPへ